2014年06月11日

EXPLORERからGOOGLEに替えて復活

6月の署名集めは21日(土)3:00〜緑園都市駅前です。

 福井地裁判決<豊かな国土に国民が根をおろして生活している事が国富>に胸を打たれました。
 これについての竹内修一さん(上智大倫理神学)のコメントが素晴らしい。感動したので載せます。

「いのちとはある人の生きがい、ライフワーク、哲学さらには生きることの意義そのものまでも含んでいる。国富とはまさに人と風土との関係。判決は人間も自然の一部ととらえており、いのちの連帯性を見つめている。いのちの営みがどれだけ広く深いかを謙虚にわきまえないと功利優先、経済優先に流されてしまう。」

「細胞からみれば人の細胞は10年で入れ替わり、10年後には今の自分はいなくなるが、今も10年前も同じ自分であることの根拠は連帯性のうちにある。一つ一つのいのちは孤立したものではない。…時計の良さは正確に時を諮ること、ペンの良さはきちんと書けること。物にそのような良さがあるなら。人間にもあるはず。一人ひとりの良さはそれぞれ異なり、そこに一人ひとりの生きる意義がある。多様性を受け入れ、互いに支え合い、仕え合ってしあわせに招かれる。」

「今の憲法はかつて日本がもたらした戦禍について、世界に向けての謝罪であり、その表明。私たちの現在の生活は過去からの延長線上にあり、戦争で亡くなった方々も含まれる。だから、今、私達に直接的な責任はなくとも過去の戦争と無関係であるとはいえない。」

「人格的=パーソナル⇒ラテン語のペルソナ、ペルソナーレでペルソナーレとは「響き合う・反響する」という意味。人間は互いに響き合って初めて人間。だから、福島・戦争も他人ごとではない。」

「言葉は互いにいのちの交換にとってはなくてはならない。心の中にどのような言葉を持っているか、それによってその人の人間としてのあり方が決まる。」
                                SUGA





posted by reikon at 11:27| Comment(0) | 日記

2014年02月03日

地方の意思

内山節氏(立教大教授)が東京新聞14/2/2で下のように書いています。

「民主主義は小さな組織であれば成立するが、国のような大きな組織となると、現在の政治のように多数派が横暴することがある。だから、不完全である議会制民主主義システムに対応するには、

@地方分権を進めると共に、重要課題については住民投票を活用する。TPPにしても原発にしても国政の問題は地方の課題である。地方から国に発信していくことが必要で、国と地方の分業など成り立ちえない。

A拒否権行使としての投票やデモ、集会等での直接的な意思表明が必要である。」


まったく同感。

・私は都民ではないけれど、今回の知事選で原発問題が論点の前面に上がって良かったと思います。

・私たちの会の小さなデモや署名集めも現在のシステムへの直接的な拒否の意思表示です。続けていきます。みなさん、一緒に意思表示をしましょう!
SUGA

☆脱原発大集会3/9・15 12:30頃〜 日比谷野音 議事堂周辺
posted by reikon at 11:43| Comment(0) | 日記

2014年01月18日

2月3月の活動予定

2月  8日お散歩デモ・22日署名立ち(弥生台駅前)
3月  8日お散歩デモ・29日署名立ち(いずみ野駅前)

3月9日(日)「さようなら原発大集会」が東京であります。みんなで声をあげに行きましょう。
span>
 先日新聞などで報道された 相模原牧野「藤野電力」を見学してきました。独立型可動式(団地ベランダにおける、売電せずに自分の家で消費する)50W出力ソーラーパネルをみたいと思ったのです。我が家は団地。それでも何かできることは?と…
 素敵な活動がたくさんなされていました。パネル普及活動だけではなく、自分たちでエネルギーをつくりだしながら、人と人がつながり、工夫を重ねて、新しい生き方を探っている。小さな山間で先進的な取り組みがなされていることにびっくり。未来に希望をもらって帰ってきました。
 「脱原発」と叫ぶだけではなく、もう一歩前に出る。エネルギー問題に向き合いながら、今の生き方を見つめなおす。うちにも設置してみようと思います。
 興味のある方は連絡ください。
   
posted by reikon at 20:21| Comment(0) | 日記